読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるぴ~の野球日誌

沖縄で高校野球を観戦している人のブログです。

16日目 明日は東京都大会決勝戦ほか&高校野球の応援

こんばんは
明日は都大会決勝と近畿大会準決勝が行われます。
では早速カードの方から紹介していきます

【平成28年度秋季近畿地区大会】
開催地:和歌山
※会場はすべて県営紀伊三井寺野球場
・11/03(木) 
<準決勝> 第一試合開始10:00
大阪桐蔭(大阪3)-神戸国際大付(兵庫1)
履正社(大阪2)-滋賀学園(滋賀1)

【平成28年度秋季東京都大会】
会場:神宮球場,神宮第二球場,江戸川区球場,ダイワハウススタジアム八王子,
多摩一本杉球場,立川市立川公園野球場,八王子市上柚木公園野球場
・11/3(木)<決勝> 試合開始14:00
神宮球場
日大三早稲田実業


以上ですね。明日の3試合も好カードが揃ってますね。
準々決勝の報徳学園戦で3安打完封した滋賀学園の棚原くんがどんなピッチングを見せてくれるか楽しみですね。あとエース・神村くんの登板があるのかも注目しておきたいところです。
観戦する人たちは是非楽しんで来て下さい。

 

さて話は変わって今日は応援の話の続きをします。
前回沖縄の代表的な応援で「指笛」は基本どこのチームもやっていると紹介しました。沖縄は甲子園の応援で攻撃中は指笛が絶えなく吹かれています(笑)(うるさいと不快に思う人もいるかとは思いますが...)
そんな沖縄の高校野球の代表的な応援曲を紹介していきます。
まずは知ってる人も多いこの曲から


ハイサイおじさん」です。
今年の夏の選手権で嘉手納-前橋育英の試合でこの曲が流れると打線が繋がり一挙6点を奪い逆転したイニングがありましたね。相手チームまでも呑み込む応援歌となりつつあり、最近「魔曲」とも呼ばれることが多くなったと思います。
結構前(6年前の興南の時?)に「酔っぱらいが踊っている内容の曲だから高校野球の応援に相応しく無い」と日本高野連から言われたこともあり、禁止になっていましたが、いつの間にか解禁してました(笑)


次の応援歌はこれです(冒頭21秒まで)

島唄(しまうた)」です。有名な曲で沖縄の民謡曲にもなりました。
曲調は明るいですが沖縄戦の想いを綴った歌詞もあるので全体的には切ない曲ですね...
原曲で一度でもいいので聴いてほしいと思います。沖縄バージョンしかないですけど(笑)

最後の応援曲はこれです(53秒あたりから)

「安里屋(あさとや)ユンタ」です。沖縄の伝統であるエイサーの曲として用いられる事が多いです。石垣島から84年前に発祥した曲らしいですね。古すぎます(笑)


といったところでしょうか。沖縄の人達からしてみれば知ってる人も多いのでつまらなかったと思います(笑)
応援に関してはまだまだ奥が深そうなので分かったことがあればまたお伝えしていきたいと考えております。
今日は少し長くなりましたが以上です。
ではまた。